糸屋・田中平八の軌跡とふる里について

  • 館内のご案内
  • 温泉
  • お部屋
  • お料理
  • ご宿泊プラン
  • プロローグ
  • アクセス
  • お問合せ

プロローグ

糸屋・田中平八、夢の軌跡「四季彩の宿 ふる里」

幕末から明治にかけて激動の人生を送った一人の快男児、田中平八。
1834年(天保5年)信州赤穂(長野県駒ヶ根市)に生まれ、25歳の頃には雄飛を志し、黒船来航で賑わい始めた開港直後の横浜に出向いて商売をはじめる。
仕入れた商品を積んだ船が難破して全財産を失うなど重なる苦難に会いながらも、32歳の時に横浜に「糸屋」の商号で店を構えるに至り、両替商と生糸・茶などの輸出で次第に盛業に向かい「糸屋の平八」「糸平」として世に知られるようにる。

その後、全国的な規模で物産を収集して輸出を行い、財界のトップクラスの地位をしめるまでになります。
田中平八はその後も公益、金融とらつ腕をふるい、享年51歳でこの世を去りました。

平八没後の明治24年には、東京向島に伊藤博文の書になる「天下の糸平」と彫られた巨碑が建てられ、その功績が顕賞されています。

時が移り1913年(大正2年)、二代目・田中平八と田中銀之助により、田中鉱業株式会社が設立。

本業に邁進するのはもちろん、不動産・レジャー・スポーツなど各種新規事業を設立。

そして、この伝統と栄光は現在ここ「四季彩の宿・ふる里」にも引き継がれ、人々の憩いの場、温泉宿として皆様に親しまれご利用いただいております。

明治の文豪、正岡子規もかつて愛してやまなかった温泉場

岩手県和賀郡西和賀町(旧湯田町)の土畑鉱山にはかつて3,000人以上の従業員とその家族が暮らし、昭和51年の閉山に伴い多くの従業員が鉱山を去っていきました。私どもは土畑鉱山に古くから湧き出る良質な温泉を利用して温泉旅館「四季彩の宿ふる里」を営業いたしております。